×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『赤髪の白雪姫』少女マンガの王道!林檎のような赤髪の娘、白雪と王子であるゼンが想いを通い合わせていくファンタジーロマンス~紹介アフィリエイト~嶋津球太

『主要人物』紹介


白雪(しらゆき)- 早見沙織

■美しい赤髪をもつ18歳の少女
タンバルン王国出身の山生まれ、幼い頃から薬事を学び、薬剤師の道へ進む。
髪色のせいで何かと災難が続くものの、おかげで多少のことには物怖じしない性格に育った。
祖父母に育てられ、人に頼らなくても自分で出来ることは何度でも頑張れると教えられた。
早寝早起きが基本で、硬いパンとジャムが好き。祖父母が酒場をやっていたため料理も作れる。

赤髪を珍しがったラジが、自らの愛妾にしようとしたため、彼から逃げるために故郷タンバルンを出、その途中の森でゼン達と出会い、その縁でクラリネス王国に住むようになる。
客人でなく正式な身分でもある宮廷薬剤師になるため試験に合格し、見習い期間を経て、ウィスタル城の宮廷付き薬剤師となる。
ゼンの側近たちともそれぞれ信頼関係を築いており、ミツヒデを兄のように慕い、木々には憧れを抱いており、オビの前では格好をつけずにいられる。

赤髪のため誘拐されたり、王子であるゼンと親しくするのを快く思わない人間から脅されることもあったが、真正面からそれらに立ち向かう姿勢で周囲から認められつつある。



ゼン・ウィスタリア・クラリネス - 逢坂良太

■クラリネス王国の第二王子
城の外の世界を見ることを大切にしていて、領地の砦を視察したり、お忍びで出掛けたりすることが多い。
お忍びで散策中に国内の森にある空き家の前で白雪と出会う。
出会った時のやり取りから、白雪に対して好意を抱いており、周囲の者にもそのことが知られている。

人を惹きつけるものを持っており、側近や臣下達からはもちろん、貴族嫌いの民にも認められることがある。
ただし本人があまり意識していない上での言動であることが多いので、側近たちからは「ずるい」と野次られることも。
昔牛乳が嫌いだったせいかミツヒデやオビと比べると背が低いことを気にしている節がある。
イザナの即位を受け、王位継承権第一位になる。



ミツヒデ・ルーエン - 梅原裕一郎

■ゼンの側近で近衛兵団の1人
緑がかった鈍色の髪に茶色の瞳をもつ。
人間的にも能力的にもゼンから厚い信頼を寄せられており、ゼンの配下の中では彼の我侭を諌められる唯一の人物。
まじめで忠誠心が強く、自分自身でも「ゼンが一番」と公言するほど主人を敬愛している。
セレグ騎士団に所属していたが、ゼンが13歳、ミツヒデが17歳のときにイザナにより側近に抜擢された。
ゼンや木々、オビより年上であるにも関わらず、よく3人にからかわれている。甘いものと子供が好き。
人が好さそうに見えるためか夜会で声をかけられることも多いが、本人は美人が苦手で、女中に微笑まれたりすると赤面してしまう。



木々・セイラン(きき・-)- 名塚佳織

■オカルト女子
ゼンの側近で近衛兵団の女性。20歳[1]。左利き。セイラン伯爵家次期当主でもある。冷静沈着な性格で、力に頼らない剣技の使い手。美人で近衛兵団唯一の女剣士であることから、一部の兵士に人気がある。 セミロングの金髪を後ろで束ね横に流していたが、45話でショートカットになった。「ゼン殿下の剣としての心構えのようなもの」と話している。実は白雪やオビと出会う前は腰くらいの長さまで伸ばしていたこともあるが、ゼンに「剣を使うとき邪魔じゃないか」と言われて切った。 ゼンが14歳のときからの側近。もともと、女ながらに剣術を身に付けた理由を聞いたゼンから気に入られており、ヒサメとの一件を通じてゼンの側近となった。側にいる者に臣下然とされるのが苦手だから敬語も敬称もいらない、とゼンに言われたときすぐに順応したためミツヒデを驚かせた(ミツヒデは3か月かかった)。 いずれミツヒデに求婚することをゼンに明言している(父親のセイラン卿とミツヒデには相手を明かしていない)。



オビ - 岡本信彦

■戸塚 彩加
第二王子付き伝令役だったが、リリアスへの異動とともに直属騎士の身分を得る。とても身軽で、木と木の間を飛んだり、高いところから落ちても体勢を整えて着地できたりする。剣術よりも体術を得意とする。また、走る白雪の直前に矢を射るなど、弓矢の扱いにも長けている。主な武器はクナイのような小型の刃物で、後にゼンから受け取った短剣も所持している。 元は雇われ何でも屋的な仕事をしており、雇い主の命令により白雪に対し矢を射て脅そうとした前科がある。その後ゼンの従者となり、現職。主に白雪の護衛を務める。 マイペースで飄々とした性格だが、洞察力は鋭く、軽口を叩いても地雷は踏まず、冗談を言っても嘘は言わない。 主としてゼンを慕う気持ちが強くなってきているが、主に嘘はつけない、と白雪に対して恋愛感情を抱いていることをゼンに打ち明けた。 酒にとても強く、料理が得意。メインキャラクターの中では一番生活力がある。また辛いものが好きで出かけた先でよく食べている(自分でも作る)。よく木に登っていたり、どこからともなくひょっこり現れたりするため、白雪とリュウに「神出鬼没」と評されている。また、目つきの悪さから巳早から「猫」と揶揄されている。巳早の前科を聞いているため彼とは犬猿の仲。





リュウ - 三瓶由布子

■ウィスタル城の最年少薬剤師
ガラクの弟子で、10歳の時に彼女に声をかけられ城に入った。そのため薬学者の間では有名人。口数が少なく、人付き合いが苦手。白雪の上司だが、彼女よりも年下のためさんづけで呼んでいる(白雪はリュウと呼んでいる)。 普段、一日中薬事・薬学を探求しているせいか体力がない。一度何かに集中すると声をかけられてもなかなか気づかないほどだが、集中力が途切れると机の下で何の前触れもなく寝てしまう。大きな紙が好きで、読んだり書いたりする姿勢は悪いが目はかなりいい。植物の毒にも詳しいため、周囲から嫌疑をかけられることもある。 後に白雪とともに薬剤師兼任研究員としてリリアスにてオリンマリスの研究に励む。 イザナより将来のウィラント城の薬室への異動の内示が出ている。 「にゃ」をつけて話すなど大の猫好きな八重歯が特徴の少女。高校生。特訓後の衣装はネコ耳やネコ尻尾を身に付けている。ただし



イザナ・ウィスタリア・クラリネス - 石田彰

■思念(テレパシー)の魔女
クラリネス王国の第一王子でゼンの兄。冷徹な面を持つ切れ者。弟であっても容赦しないが、ゼンからは尊敬されている。ゼンと血を分けた兄弟であるが、ゼンに自分の名前を呼ばせたことはない。ウィスタルの外に自分の城や屋敷を所有する。 リリアスで白雪たちと行動を共にした際は、正体を隠すためミツヒデの名を借りて「ルーエン」と名乗っていた。正体を知らなかった鈴から、「雪もとけそうな色男風情」と評されていた。 初めはゼンと友人であるという白雪を快く思っていなかったが、リリアスでの一件などを通して彼女に対する見方が変わってきている。 その後即位し、クラリネス王国の国王となり、ハキと婚約する。



ガラク・ガゼルド - 甲斐田裕子

■ウィスタル城の薬室長
サバサバした性格の女性。薬学に関する著書もある著名な人物。 普段は、薬酒の試飲だと言って強い酒にすり替えたり、八房の頭の布に落書きをするなど、イタズラをよくする。仕事に追われると性格が変わるが、おいしいお茶で元に戻る。シダンとは昔馴染み。



ハルカ - 志村知幸

■過去視の魔女
侯爵。立場や階級を重んじる考えの持ち主であり、ゼンと白雪の関係を快く思っていなかったため、オビに命じて白雪がウィスタル城に近付かないよう仕向けたことがある。しかし、その際剣を向けられても一歩も引かなかった白雪を見て、考えを改めつつある様子である。 白雪がタンバルンの夜会に招待された際、舞踏以外の作法を教えるために国境近くまで同行した。





ラジ・シェナザード - 福山潤

■タンバルン王国の第一王子
色町で言葉を覚え、金貨を食べて育ったと評されており、巷ではバカ王子として知られ、評判は地の底だが本人は気付いていない。
白雪を愛妾として迎えようとしたが失敗。
更に隣国の王子であるゼンを危うく毒殺しかけるが、これを見逃してもらう代わりに「白雪の名を口にしない」とゼンに誓う。

イザナの招待を受けてウィスタル城に滞在した際に、白雪と再会し、タンバルンに招待した際に彼女から告げられた言葉から、白雪やゼンとの関係に真剣に向き合うようになる。
「王家の友人」という称号は、最初はトラブル時の口から出まかせだったが、王族と関わりを持つようになる白雪の役に立つようにと、後に正式な称号にしている。



サカキ - 小西克幸

■ラジの側近
ラジが5歳の頃から仕えている。
良くも悪くも気がきく。
ラジ相手に慇懃無礼な態度をとっているが、頼りにされている様子。



ロナ・シェナザード - 水瀬いのり

■タンバルン王国の王女でラジの妹
気が強く、行動力がある。
白雪をラジのもとに留めようと画策するも断念。
幼少の頃からサカキに遊んでもらっているため、彼になついている。



キハル・トグリル - 斎藤千和

■クラリネス王国管轄のユリス島に住む少女
長い黒髪で胡桃石と似た青緑色の目。
胡桃石の笛を使い、島に生息する珍しい鳥を操る。
鳥の保護を頼むため城に来たが、鳥を狩り続けるブレッカ子爵に自分たちの要求を正当な理由もなしに聞き入れてもらえなかったこともあり、上流階級の人間に対して不信感を抱いている。
白雪の協力もあり、鳥をクラリネスの連絡手段とする考試に合格し、鳥の保護も取り付けることに成功した一件を経て、それを見直している。
白雪が誘拐された際、ポポとともにゼンたち王城組とオビの合流にも一役買った。



PR


PR


映画情報

女性のための出会い


『お名前.com』


「黒執事」Blu-ray BOX


PR


フィギュア情報


PR


「黒執事」Blu-ray BOX


マルチドメインレンタルサーバー【シックスコア】

PR


【Amazon.co.jp限定】けいおん! Blu-ray BOX